【ゆたクリニック】 耳鼻いんこう科、頭頸部外科、アレルギー科

HOME

ゆたクリニック開設まで

市で生まれ、クリニック近接の修成小学校を卒業し、高田学苑(6年コース)から三重大学医学部に入学しました。医学部卒業後は耳鼻咽喉科医として研修医時代の2年間と国内外留学を除いて三重大学病院で勤務してきました。生まれてからこれまで、2年間の米国留学(首都ワシントンDC)と東京大学医学部勤務を除いて、ずっと津市で生活しています。大学病院での最新医療の技術と知識を身近な診療で提供できるように尽力いたします。

これまでの経験から

重大学では、一般耳鼻咽喉科診療はもちろんのこと、花粉症とがん治療を精力的に行ってきました。

ギ花粉症治療は最も得意とする分野です 。1998年から三重県のスギ花粉情報を担当し、花粉症シーズンには毎日の花粉飛散と予測をマスコミなどに提供してきました。スギ花粉症に最も効果の高い免疫療法を得意とし、その成績を日本で最も多く学会で報告しました。また、近い将来に保険認可が見込まれる、スギ花粉症の新治療・舌下免疫療法を2005年より臨床研究として開始し、200例近い治療実績があります。
特に、日本で唯一の小児例での舌下免疫療法を行っており、日本での免疫療法の第一人者の一人としてがんばってきました。これらの治療は、大学病院という高い研究水準の施設で行ってきましたが、これからは当クリニックでも患者様に提供できるようにしていきたいと思います。

ん治療では、がん拠点病院である三重大学の頭頸部がん治療の中心として10年以上がんばってきました。「頭頸部がん」とは、聞き慣れない言葉ですが、脳の下から首までのがんです。喉頭がん・舌がん・咽頭がん・甲状腺がんなどは頭頸部がんに含まれます。脳や胸から下は含まれません。
年間100例以上の入院患者さまの治療を主導し、自らの治療だけでなく、頭頸部がん指導医の資格を三重大学病院で初めて学会より認定され、頭頸部がん専門医をめざす若手医師の指導も行ってきました。頭頸部がん治療では、全ての種類の手術・抗がん剤・放射線治療に対応し、難易度の高い手術も行っています。

離再建手術という自家移植技術でがんを切除した後の機能障害を改善する形成手術も行い、高度な手術を担当してきました。海外研修で習得した喉頭癌の音声温存がん切除手術などの高度な手術法を行い、後身にも指導しています。
三重大学癌ワクチン講座との共同で、日本で初めての頭頸部扁平上皮がんの癌ワクチンの開発と治療にも参画し、最先端治療にもかかわってきました。これらの技術と知識をもとに、大学病院やがんセンターでなくても頭頸部がんの診療・検診・セカンドオピニオンを受けていただけるようにしていきます。また、診察の結果、専門病院での入院加療が必要な場合には、三重大学病院などのがん拠点病院への紹介も行います。

学病院での専門は、スギ花粉症と免疫療法・頭頸部がん手術などですが、耳鼻咽喉科としての日常診療は、中耳炎、難聴、副鼻腔炎や扁桃腺炎、めまいなどの病気です。外来ではこれらの疾患が最も多く、20年以上にわたり外来診療してきましたので、一般診療からアレルギー・がん診療まで、何なりとご相談ください。

PAGE TOP